トップページ > 麻生区社協の事業一覧

麻生区社協の事業一覧

大好評企画!福祉啓発映画会「『毎日がアルツハイマー2』上映と関口監督トークショー』決定しました!

大人気企画!映画続編の上映と監督トークショーが実現します!ぜひ、足をお運びください。
平成28年3月・・・長編動画『毎日がアルツハイマー』上映と関口祐加監督トークショーを実施し大反響をいただきました。皆様から続編上映の希望を沢山お寄せいただき、この度『毎日がアルツハイマー』の続編『毎日がアルツハイマー2』上映が決定しました!!更に今回も上映後、関口祐加監督にご登壇いただきトークショーを開催します!!笑って泣けるコメディのような映画と、監督のお話を通して、認知症になっても安心して住み続けることができる地域づくりについて考えてみませんか。ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご参加ください♪♪
写真提供:「毎アル」友の会
事前申し込みなし 入場無料 ぜひご参加ください!!
日時 平成30年3月15日(木)午後1時開場
    ★午後1時30分〜 上映開始(映画上映時間:51分) 
    ★午後2時35分〜 関口祐加監督トークショー開始
    (※終了予定午後4時10分頃)
会場 新百合21ビル 地下2階 多目的ホール
   (小田急新百合ヶ丘駅徒歩2分)
定員 麻生区内在住の方400名
   (当日会場にて先着順)
参加費 無料
問合わせ 麻生区社会福祉協議会
     電 話 952−5500
     FAX 952−1424
★ストーリー★
前作から2年・・・「毎アル」な母・ひろこさんの閉じこもり生活に少しずつ変化が現れます。デイ・サービスに通えるようになり、あんなに嫌がっていた洗髪をし、娘(=関口監督)と一緒に外出もする。その姿は、なんとも幸せそうで“いい感じ”です。しかし、調子が悪い日は、感情の起伏が激しく、突然怒りがこみ上げたり、相変わらず一日中ベッドの上ということも。
そんな母との生活の中で、「パーソン・センタード・ケア(P.C.C.=認知症の本人を尊重するケア)」という言葉に出合った関口監督は、自ら、認知症介護最先端のイギリスへ飛びます。認知症の人を中心に考え、その人柄、人生、心理状態を探り、一人ひとりに適切なケアを導き出す「P.C.C.」が教えてくれる認知症ケアにとって本当に大切なこととはーーー