トップページ > 社会福祉協議会について

社会福祉協議会について

社会福祉協議会について

社会福祉協議会とは?
 社会福祉協議会は誰もが普段の暮らしを「しあわせ」と感じ、安心して暮らせるまちづくりをすすめている民間の団体です。
 地域には、制度では解決の難しいさまざまな福祉課題があり、個人や一つの団体では解決できない場合も多くあります。
 社会福祉協議会は、いろいろな団体・個人が集まって「今何が問題になっているのか?」そして「どうすれば解決できるのか?」を話し合い、力を出し合って解決に向けて活動することで「みんなが笑顔のまち」の実現を目指しています。
 社会福祉協議会(区社協)は、福祉施設、民生委員児童委員協議会、地区社会福祉協議会、町内会、ボランティアグループや当事者団体、行政機関などの会員で構成されています。
どんな人たちがこの会に入っているの?
 様々な団体、グループが社協の会員になっています。
 個人また次の種別に属さない法人、団体、グループは、賛助会員としてご協力いただいています。
  • 第1種 公私社会福祉事業施設・団体
  • 第2種 地区社会福祉協議会
  • 第3種 地区民生委員・児童委員協議会
  • 第4種 地区保護司会
  • 第5種 地区町内会連合会
  • 第6種 障害者等当事者団体
  • 第7種 ボランティアグループ
  • 第8種 社会福祉に関係あるその他の団体
  • 第9種 社会福祉関係等行政機関
  • 第10種 学識経験者
    中原区社会福祉協議会の一員になりませんか?
     中原区社会福祉協議会(社協)は中原区の福祉に関わる住民組織、ボランティア、福祉関係機関(行政も含めた)等が集まり組織されています。
     いろんな立場の団体が集まり、力を合わせることで「だれもが安心して笑顔で暮らせる中原区」の実現を目指しています。
     そのためには、より多くの団体に社協の一員になっていただき「おたがいさまの心」で支えあっていくことが重要だと考えます。
     会員になるには6種(当事者団体)7種(ボランティアグループ)会員の場合、年間2,000円の会費が必要ですが、会員になると毎月区社協機関紙が郵送されますし、種別会議に参加し意見を社協事業に反映させることができます。
     社協は地域のみなさんが手を携えあい、協力しあうことでなりたっています。
     「一人では難しいことも、みんなで手を取り合えば実現できる。」中原区社会福祉協議会と一緒に地域福祉を盛り上げ活動してくださる団体を募集しています。
    活動するためのお金はどうしているのですか?
    主な財源
    ◆会員会費
     中原区社協を組織する会員会費。上記の10種の会員の皆さんからいただいています。

    ◆共同募金配分金
     毎年行われている赤い羽根共同募金運動で集められた募金から配分を受けています。

    ◆補助金、交付金、委託費
     川崎市や川崎市社会福祉協議会等から事業費や運営費、委託費等の交付を受けています。

    ◆寄付金、賛助会費
     地域の皆さんからの寄付金や賛助会員の会費を事業に使わせていただいています。